TOPICS


※平成22年度は新規の合併処理浄化槽への補助額が90千円になりました。(南房総市)
予算がなくなり次第、申請受付終了となりますので、詳しくはお問い合わせください。

家庭用合併浄化槽の補助金について

合併浄化槽とは、台所やお風呂の生活雑排水をし尿と合わせて処理できる浄化槽のことです。
下水処理施設の無い地域(南房総は大部分)では、水洗トイレを付けるためにも、合併浄化槽が必要になります。

昔ながらのトイレの方でも、テレビコマーシャルでよくあるウォシュレット付トイレ、便器が汚れない・便座が自動に開閉するトイレ等に簡単に取替えられます。生活排水の嫌な臭いも無くなります。

し尿だけを処理する「単独処理浄化槽」は、生活雑排水(台所・風呂・洗濯等)を未処理のまま放流するため、河川等へ流れ出す水質汚濁の量が合併処理浄化槽の8倍も上がります。
各家庭より下水管を通し下水処理施設を造るとなると莫大な費用がかかる上、非効率となるため、合併浄化槽処理区域内おいては、国や地方自治体で各家庭に合併浄化槽の設置を推進しています。

そのため、合併浄化槽の設置に際し、必要な条件を満たせば補助金が支給されます。
設置にかかる費用の全部とはなりませんが、大部分が補助金によってまかなわれるかと思います。


«南房総市»

5人槽〜10人槽・・・補助額 90,000円

11人槽〜20人槽・・・補助額 939,000円

21人槽〜30人槽・・・補助額 1,472,000円

単独浄化槽から合併浄化槽への転換補助金について

単独浄化槽を使用しているが、合併浄化槽に入れ替えたいという方にも朗報です。

し尿だけを処理する「単独処理浄化槽」は、生活雑排水(台所・風呂・洗濯等)を未処理のまま放流するため、河川等へ流れ出す水質汚濁の量が合併処理浄化槽の8倍も上がります。
そのため、お使いの単独浄化槽を合併浄化槽へ取替えたい方には、転換補助金として以下の補助金が支給されます。
生活排水の嫌な臭いも無くなるうえ、補助金により多少の自己負担で取替えられます。


«南房総市»

5人槽・・・補助額(最大) 332,000円

6〜7人槽・・・補助額(最大) 414,000円

8〜10人槽・・・補助額(最大) 548,000円



このページのTOPへ戻る



株式会社 戸倉商店
Copyright© 2017 Togura.co.,ltd. All rights reserved.